« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »

Fate/stay night

第6話 二人の魔術師(後編)

ライダー(CV:浅川悠)初登場。思った以上にお姉さんな声でした。マスターはヘタレと言われる間桐慎二でしょうね。

それにしても、士郎の“正義の味方”根性は相変わらず健在。今回、ピンチにもかかわらず、セイバーを呼ばなかった一番の理由は、自分のためにセイバーが、というより女の子が傷付く姿を見たくなかったからなんじゃ?それって、セイバーの側から見たら、まるで信用されていないって取られてもしょうがないと思える行動ですよね。いくら自分の中の正義を守り通すといっても、相手の気持ちをまるで無視していたら、それは単なるワガママ、エゴになってしまうんじゃ?だから、そういう点では私は士郎より凛やアーチャー(ああんw 今回もかっこよかったですぅ!)の意見に賛同です。そんなで勝ち残っていけるほど、聖杯戦争は甘いものじゃないと思います。もっと必死にならないといけないような・・・。

今回もセイバーの食欲もりもり場面はありませんでした。残念!でも、いよいよ来週見られそうです!

そういえば、AT-Xでの放映が決定しましたね。3月12日から毎週日曜と土曜に再放送ですか。見られない地域にお住まいだった方、よかったですね!

しかし、士郎としばらくの休戦協定を結んだ凛も相当甘いと思います。やはり士郎に対して特別な想いがあるのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (3)

練馬大根&かしまし

『おろしたてミュージカル 練馬大根ブラザーズ』 第6話 俺のウラウラうらない

ゲストは坂本千夏さん。緑色の占い師役でした。

展開は毎度同じ流れですが、どことなく強引な節が見え隠れ。作画も甘かった!

しかし、知らぬ間にパンダイコンとユキカがなんだか怪しいカンジに・・・。メールタイトルの「いつものホ」の後ってどう続くのさっ!しかもつれないし。

『かしまし~ガール・ミーツ・ガール~』 第6話 お嫁さんとお婿さん

三角関係推奨ですか?

ダンナ:はずむ

本妻:やす菜

愛人:とまり

ですか?どーなんですか、これって!!!

はずむの提案は、やはり男の子だなと感じました。多分、中身まで女の子だったら、あんなことは言わないよねぇ?

そりゃ、とまりの姿は見ていて痛かったし、彼女の想いも解るし、それでも諦めることなんて無理で、昔の約束に固執してるのも、はずむを嫌いになれない自分の言い訳にしか見えないけど、でも、その関係を受け入れちゃうのー?

あー、まあ私でも本気で好きなら愛人でも3番でも4番でも、傍にいることを許させるなら受け入れちゃうかもな~・・・。

これからとまりとやす菜の関係はどうなっていくんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

ニューヨークの恋人

昨日の金曜ロードショーは『ニューヨークの恋人』でした。

メグちゃん、好きなんです。

やっぱ、女の子はいくつになっても王子様を求めてるんですねー。

ヒュー・ジャックマン、超カッコよかったし!

レオパルドは理想の王子様ですよー。最初はヘタレかと思いきや、知識、マナー、巧みで心を掴む会話、抜群のセンスを持ち合わせ、料理だってするし、その時女性が欲しいものが解ってる。まず、日本男子では難しいだろうな・・・。

また吹き替えが豪華だったこと!

メグちゃんはちょっと意外だったかも。土居裕子サン。舞台女優さんなんですね。吹き替え作品だとディズニー映画に結構お出になってらっしゃって、『ポカホンタス』のポカホンタスや『ターザン』のターク、あと『SAYURI』のチャン・ツィイーの吹き替えもやられてたみたいです。が、個人的にはどうにもミスマッチ・・・。演技はお上手だったんですが・・・。岡本麻弥サンとかよかったな。

ヒュー・ジャックマンに東地宏樹氏。いーですねぇ!カッコイイ!とてもアフロマッチョなパン屋の店長とは思えないほどの静かな二枚目ぶり!個人的には、大川透氏もアリかな、と思いましたが、いかがでしょう?

スチュアートにバウム教授!おいしい役回りだな・・・。この人もホント、上手い。でもやっぱ関さんは関さんでしかないのだ!

チャーリーにもりもり!若い声、久しぶりな気が・・・。道化を道化っぽく演じるところがよかったですね。この役なら、やすのりサンでもよかったかも・・・。

JJにホーエンハイム。江原さんは、アニメより吹き替え演ってるときの方が実は好きです。実際に動く人間の声をやられてる時の方が味が出るというか、深みが増すというか、とにかく好きなんです!

とても好きな作品でした。DVDの吹き替えはどないなってるんでしょうね。気になるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ガラスの仮面

第45話 都会の星

ますみんの過去話です。

ちょーっと頭が良かったばっかりに、不幸の奈落へと突き落とされてしまったんですね。

愛されてもいなければ、愛してもいない、不幸な家族ごっこの結果が今な訳ですね。

そんな環境が、ますみんをビジネス上必要な時以外しか笑わない男にしたんでしょうね。そして、その殻を壊すきっかけとなったのがマヤとの出会い。

ますみんの初恋の相手ってマヤなんだ。今まさに少年のような恋をしている真っ最中なんだな。だから、自分に戸惑ってるんでしょう。最初はずっと、歳の差を気にしての戸惑いなのかと思ってたけど、今更初恋なんて経験してる自分自身に戸惑ってるんではないかなと今回思いました。

これから、あとちょっとだけど、マヤを想っての彼の変化を見ていきたいな。だって、彼の昔は不幸だったかもしれないけど、少なくとも今はあの頃よりずっと幸せな気がするから。

ところで、現時点でのお話ですが、マヤはとうとうますみんが紫のバラの人だという確信を持ってしまいます。もおーーーっ!!!こういう肝心なところでなんでヌケ作やっちゃうかな、この人はっ!!!(だから愛すべき人なのか?)全てを知ったマヤは一体どうするんでしょうか!興味津々で次回へ!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

エンジェル・ハート&IGPX&蟲師

『エンジェル・ハート』 第17話 夢の中の出会い

香瑩を通して見たリョウと香の過去話その1。

あんな出会いがあったとか、香が看護学生だったとか、知らないことがいっぱいで、楽しめました。お兄ちゃんも出てきたし。最初は対立する立場にあったんですね~。フムフム。

これも全て香が故意に見せてるんでしょうか?家族の過去くらい知っておけ、みたいな?

ただ、作画がダメダメでした。体型のバランスも変だし。先週がキレイだっただけに残念。

『IGPX』 ♯16 無防備な心

みんながみんな、チームメイトに違和感持ってちゃ、勝てるモンも勝てないよ!!所詮人なんだから、いろんな事で心がぐらついて、すれ違ったり、誤解したり、力んだり、落ち込んだり・・・・。でもね、昨シーズン優勝までしたプロなんだから、いろんな人たちを追いやって追いやって、やっとトップに立ったんだから、もうちょっと切り替え上手くさせようよ。

と、私がイラついたところで何にも変わんないんだけどねー。でも、リズじゃないけど、私も今のタケシ、好きになれないな。ファンティーヌに愛想つかされても知らないよ!

が!!!それ以上に好きになれないのがチーム・ホワイトスノー!CM前に、サトミのコンピュータに進入したのってホワイトスノーでしょ?そこで、今回の闘い方を盗んで、実戦で使ってみたと。これって、正々堂々じゃないよね!!

もうこの闘いはアツクなれません。VSカニンガムやヤマーやリバー達との真っ向勝負ではないから。なんか、あのチーム、胡散臭くてしょうがねー!あんなのに負けたら許さないからねー!タケシも落ち込んでる暇なんかないんだからねー!でも、なんかサトミ、負けそうな気がする・・・。

『蟲師』 第15話 春と嘯く

ギンコに家族が出来ましたー!(嘘)

兄弟愛&家族愛(?)。ミハル、横目の表情がものすごいカワイイ!

私にも蟲が見えるようになったら、何が害のある蟲なのかとか、教えに来てくれますか?てか、教えてもらいたいー!!

きっとギンコって、あらゆる地方に、こういった似非家族のような関係の人たちが居るような気がする。いやぁ、人気者はつらいね。結局、ほっとけないのだよ、困ってる人を。(特に子供?)イイ人過ぎだ、ギンコ。

観ててとても春が待ち遠しくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

BLOOD+(BlogPet)

ほんとうは、みやびんは
『クラスターエッジ』第18話翼のもとにクラスターE.A.に向かう試合とクロム。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じゃん・はぼっく」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイシールド21

第45話 ゴースト封印!?

久しぶりの進VS瀬那(ガン飛ばし対決?)。

アミノとの対決でその強さを見せ付けたデビルバッツ。練習風景を他校のスパイが偵察に来るほどです。なので、折角の新兵器を安売りするつもりもない蛭魔は試合までゴーストを封印するように瀬那に言いつけます。

一方、王城では、進と大田原の二人の成長が著しく、チームの中で練習に付き合える人間が居なくなってしまったので、社会人チームに混じって練習させてもらうことに。

そんなある日、デビルバッツの面々は次の試合会場の下見に行くことに。しかしそこは我が道を行くデビルバッツの面々ですから、すんなりみんな揃って会場に行ける訳もなく、夏彦兄はまた長野まで行っちゃうし(しかも今回温泉入ってます)、3兄弟はお腹すいたとラーメン屋に直行、結局無事会場に辿り着けたのは瀬那、モンタ、小結クン、鈴音だけ。そこで偶然社会人チームに交じり練習するホワイトナイツ二人衆を発見。更にトラブルにトラブルが重なって、社会人チームの練習試合に参加することになり、進、大田原はもちろんのこと、モンタや小結クン、そして瀬那の高校生にしとくにはもったいない資質に社会人チームの監督サンは驚くばかり・・・。

それにしても、進クン、瀬那にプレッシャー掛け過ぎっすよ!封印命令出てるんですから、そんなに「ゴースト出せ」みたいな目でじっと見つめてちゃ可哀想ですよ、瀬那が!相手の事情も察してあげましょう。進クン、しっかりしてそうだけど、ちょっと足りてない部分がありますよね。アメフト馬鹿っていうのか・・・。

冒頭のファンレター事件(?)、アミノとの試合でなんだかんだ一番頑張ってたのって、モンタだと思うんですけど、それなのに一枚もファンレター来てないなんて、カワイソ過ぎません?なんだったら私書くよ?なんでモンタはダメなのー?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

クラスターエッジ&ノエイン

『クラスターエッジ』 第18話 翼のもとに

クラスターE.A.に向かうアゲートとクロム。そして初のCluster’S、全員集合です。歌ってくれないかな・・・・。

ベリルは本当に変わりましたね。まあ、ちと強引過ぎる気もしなくはないですが、いずれはくにを、と考えているわけですから、まあ使えるモンはすべて利用させてもらおうというやり方もわからないではないです。エマは巻き込まれてる感が拭えませんが・・・。ベリルとクロムも結構いいコンビなんじゃないですか?フェンシングのシーンなどは迫力あって良い具合に仕上がってたのではと思いました。

しかし、みんながみんな、今は既に亡きカールスに振り回されっぱなしじゃないですか。何か言えば「カールスが」「カールスが」・・・。影の主役はカールスで決定ですね。

それにしても、ベリルがタイを結ぶシーン、妙にどきどきしてしまったのは私だけ?

『ノエイン~もうひとりの君~』 第18話 ワルイユメ

初っ端のアイママの結婚式シーンはちょっと怖かったです。あんなに傍にいて、さっきまで親しく喋っていただろう人に突然「アンタ誰?」と言われる恐怖!!!めっちゃコワイって!夢でよかった・・・。

今回の見所はここまでやるか?ってほどのクイナの不幸っぷり!不幸って言葉で済ますことさえ不憫な・・・。全ての人に裏切られ、ひとりぽっち。ノエインにまで見捨てられ、もうヤケクソ状態で現在の時空へやってくるわけですが・・・。体質なんでしょうか?クイナ、コッチ来るとお約束のように身体を消失していきます。他のみんなはそんなことないのに、クイナだけだもんね。だから、コッチ来るの、ホントはすごい怖いと思うんですけど。愛しのコサギはカラスのストーカーになってるし、他のみんなは何だか楽しそうにやってるし、誰も自分のことなんか考えてもくれてないし、ホント、可哀想。実はクイナって、顔がウチの会社の専務に似てて、どーしても好きになれん!

トビと内田ちゃんの会話は相変わらず意味不明だし、シャングリラが攻めてきて大変なことになってるし、結局最終兵器彼女なハルカが最強なわけだし、アトリは相変わらずカワイイし(最近ミホとの2ショットが見れなくて寂しい・・・)、ハルカとカラスもラヴラヴだし、面白くて目が離せない『ノエイン』であります。

| | コメント (11) | トラックバック (11)

地獄少女

第19話 花嫁人形

姑の目がコワッ!!!

旦那(CV:オオーッ!のぞむんだー!カールだー!聖様だー!)の目もコワッ!!!

嫁・祈里を人形だと思ってる、というか人形にしたい姑、日本を代表する人形師・鏡月。彼女の求めるテーマ、“死した人形”に祈里を重ね、このままいったらそのうち“死んだ目”欲しさに嫁を殺しそうだよね。流石に「よく動く足があるから」と家を抜け出した祈里を責める場面では、いつ斧とか出てくるのかとドキドキしてしまいましたが・・・。

結局、今回も柴田親子は力になれませんでしたね。まあ、問題が問題なだけに、奥まで踏み込むのは難しいんでしょうが・・・。そして、新たな展開として、祈里が糸を引く前にあいたんが姿を見せ、再度糸を引くのか確認してきました。おや?どうした、あいたん?ラストを考えると、引いても無駄だと言いたかったのでしょうか?

糸を引き、鏡月は幻の中で人形にされ、地獄へと流れていきましたが、船の上でもあいたんをスカウトできるくらいだったし、既に狂っていたのでしょうが、なんか拍子抜けってカンジ。一方の祈里、旦那の事は見抜けなかったんでしょうね、またしても人形扱いで、何にも変わってません。生き地獄継続の上に死んでも地獄・・・。こっちの方が断然不幸っす。

さて、来週の地獄少年、外人だったじゃんよー!!ナニソレ!あの声、誰だっけー!絶対知ってる!この時間ではまだキャスト発表されてないしな。何はともあれ、予想は大幅にはずれそうです!あはははは!

【追記】地獄少年はじゅんじゅんでした。(一発で判れよ!私!)しかもターゲットです。依頼者はミキシンさんです。豪華対決です。半ズボンでなくても楽しみになりました!

| | コメント (9) | トラックバック (18)

カペタ

Lap.20 パートナー

先週、お父ちゃんが意識不明で倒れ、病院に担ぎ込まれたところで終りましたが、なお~みママンに病院まで送ってもらったらば、なんと、側溝に落ちて足首捻挫、倒れた拍子に徹夜続きだったため寝ちゃっただけだったとか・・・。

そんなオチで許される思っとんのかーーーーっ!!

さて、肝心の風邪引きノブ君ですが、ふらふらになりながらもトップから5周遅れの5位に着けてました。途中、余りのつらさに諦めようかって場面もありましたが、これまでのカペタの努力を考えたら、こんなとこで諦めてる場合じゃないと必死でした。いや~、涙を誘うね。途中、なお~みクンも一言アドバイスをしちゃってましたし。

病院から戻ったカペタにバトンタッチした後、グングン追い上げるチーム・カペタに刺激されて、なお~みクンも出てくるかと思いましたが、観てるだけで終っちゃったよ。ちぇー、残念!番外対決、観られると思ったのに!でもね、今回は何気になお~みクンのカワイイところ、いっぱい観れたからいいや。許す。

まあ、結局、カペタ、かなりトップに迫ってきてましたが、惜しくも3位。一応表彰台に乗れたし、ステアリングも手に入ったし、ステキなパートナー、仲間に囲まれてることも再認識できたし、何はともあれ、めでたしめでたし!

でも、想像以上にカートって大変なモータースポーツなのね。ノブが妙にリアルで、私もお尻が痛くなってきたYO!

| | コメント (2) | トラックバック (4)

よみがえる空-RESCUE WINGS

第6話 Bright Side of Life (前編)

6話目にして映画のような、初回のような、最終回のような始まり方にぎょっ!しかも、お葬式。しかも「ひょっこりひょうたん島」。こういう見せ方も視聴者の心を掴みますね。

内田っち、漸く里帰り。実家は酒屋。お父さんは足がお悪いようです。親父にも「気が利かない」と言われてます。実家に帰ってきても不憫です。

そして、本郷三佐の背負った十字架。12年前、訓練中の事故で仲間を一人亡くしていました。冒頭のお葬式の彼、井上サンですね。彼の家へ赴き、お線香をあげてらっしゃいました。

めぐちゃんも実家に帰ってました。めぐちゃん家は獣医サンです。二人で地元デート、そして車をこすります。機付長がいたら怒られます。

そしてお休みはあっと言う間に終わり、またまた訓練の日々。が、ここで内田っち、本郷三佐の周りも認めるその実力と、過去ファイターだったが、事故で下ろされたこと、そして内なる優しさを知り、恐らく見方が変わります。漸く尊敬に値する上司になったのでしょうか?

久しぶりに性格の悪い小坂君(CV:志村サーーーーンッ!!)、出てきましたね。でも、嫌味言い返すくらいの度量が内田っちにも出来てきたようです。

そんな中、訓練中のF-15DJがレーダーロスト!!!12年前の繰り返し?なんだ?このハラハラドキドキな展開は!?

次回の見所は、内田っちの心境の変化と、ロストした機体の発見、救助ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

大川サンつながりで・・・

前の記事で思い出した!

個人的にはちょっと驚きなことだったので、メモ代わりに・・・。

2月24日発売の『SEX PISTOLS 3』のドラマCDで、大川サンの“受”が聞けます。

えぇっ!?“受”?

ヤヴァイ、想像がつかなくて、非常に手に入れたくなってる・・・。

ロイロイのエロ・ヴォイスでブレイクしたのか、最近BLCDに引張りダコの大川サン。今後のご活躍、期待しております!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吟遊黙示録 マイネリーベ-ヴィーダ-

第4話 焦燥

エド暗殺計画遂行!!??

2話を観てないんで、何故子安さん・・・じゃない、アイザックとベルーゼが一緒にいるんですか?

ローゼンシュトルツ学園にロイ・マスタングが居る気がしてならねぇっ!しかも今回の喋り、まるまるロイロイじゃんよ!おかしな錯覚起こしそうです。

そして意地悪ダニィ、カワイイ!一瞬、山崎たくみ氏かと思うような喋りのイトケン氏も新鮮です。なあんかピチピチしてるよね。あの美少女顔にカミユとタメ張りそうな身長な上に、あの声!!!信じらんねぇ・・・、萌える・・・。美少女キャラもイケるんだ。

でも、私はエルムントが好きw 何?あの優しげな笑顔は!!もっと出番と台詞、増やしてね!ちょっと今のままじゃ寂しいよ・・・。

今日は出番ナシかと思いきや、出て御座ったよ、愛しのジェラルド先生。いかん、新キャラ、ステキな人ばっかだよ!定番の5人が薄れていきそう・・・。でも大丈夫!エド、愛してるから!

今日は作画がもんのすごいよかったですね!!!みんな美少年に美少女(もちろんカミユとダニィ!)だよ!そんな中でも、本日はエドが美しかった!!!冒頭のピアノシーンなんて、エドじゃなかったよ!可愛すぎ!!

そんなエドが継母ヘンリエッテに命を狙われてしまいます。しかもアイザックが絡んでる!仲良くしてたじゃん!助けてよ!落馬&崖から転落で助かるの?あの美しい顔のまま、お亡くなりになるなんて許せないよ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

メルヘブン

第45話 雷撃×雷撃!ナナシ、よみがえる記憶!!

暴言を吐くやすのりサンvもステキ・・・な本日の展開。

相変わらずAパートでは先週明かす暇のなかった分の過去の回想中心です。

そしてBパートはエイVSウナギ・・・。電気対決ですね。

ガリアンも十分強かったんですが、やはり、護るべきものがあるナナシには適いませんでした。どこかでナナシの中に自分以上の力を見出してしまったガリアンの嫉妬心も、仲間を捨てるきっかけになってたんでしょうね。結局、本物の強さの糧になるものを自ら手放してしまったことを思い知らされたガリアン、今後もチェスに身を置き続けるのでしょうか?

あー、これでやすのりサンvの出番も終わり。み・・・短かっ!重みのある演技でございました。「倒せるかな?お前に・・・」の台詞が一番好きやー!い・・・色っぽ過ぎやで、ほんま。

これで5thバトルはメルの勝利!来週はバトルはお休み。久しぶりにイアンに会えます。ま、前の時とは状況が違ってるだけに、冷たいイアンになってそうですが・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

交響詩篇エウレカセブン

第42話 スターダンサー

OPの提供バックがサクヤになってたよん☆

♪ノルブは何でも知っている~♪

攻撃を仕掛けてきたのがデューイであることも、ホランドの強さも、そして、これから自分とサクヤがしなければならないことも・・・・。

真の約束の地へとレントンとエウレカを送り出すため、ノルブはサクヤと地下に残り、【ポロロッカ】と呼ばれる現象-グレートウォールに張られた結界を一時的に反転させることにより起こる現象-を起こすと言う。ゾーンの向こうへと繋がる道を開くために。恐らくこれがノルブとサクヤとの今生の別れになるのだろう。だから、ノルブは何も言わなかったし、レントンもエウレカも解ってたから、それ以上聞かなかった。うぅっ、切ないねぇ・・・。レントンとエウレカにあって、ノルブとサクヤに欠けていた物・・・それは、ニルヴァーシュ=船?

さて、一方のゲッコウステイト組。デューイの攻撃に対抗すべく取った作戦とは?

銀河号・・・・あまりオサレではない名前の艦だな。デューイの趣味ですか?アゲハ隊により攻撃成功の報告を受け、結界が消えたことを悟ったデューイはオレンジを打ち込むよう命令。ニルヴァーシュより先にジ・エンド(&アネモネ)にゾーンを突破させるために。友軍の心配をするアゲハ隊、初めて見たぞ。今まで他人の生命なんて気に掛けたことなかったのに、いきなりなんで?しかーし、やけに迫力に満ちたデューイに「さもなくば・・・」と脅され、おとなしく従ってましたが。

やはり、アネモネはデューイによってゾーンを突破させるために作られた人工コーラリアンなのか?でも、アネモネは一人だよね?繋がるべき人間がいない。それでも行けるのでしょうか?(行けと言われれば喜んで行く人が約1名おりますが・・・)デューイはホランドよりもこれから起こる事に対しての知識があるようです。「浮かぶ瀬はない」というのは、こちら側に残る者の絶望を言ってるのでしょうか?まだまだ謎は多いですなぁ。

レントンとエウレカを送り出し、漸く二人きりになれたノルブとサクヤ。すると、ノルブの胸のコンパクが反応を示し、蓮の花が開き、中からサクヤが姿を現しました。その時のノルブの「マジで恋してます!」みたいなお声にゾクゾクw!

おっと!久しぶりのドミニク、自分で大量の薬を投与したアネモネを責めます。それは愛情の証。が、アネモネはデューイの為に動ける自分を誇りに思ってます。デューイの望むことならなんだってする。それもまた愛のカタチ。アネモネも理解してるかどうかは別として、ちゃんと自分の中に『愛』を持ってるんです。

ホランド、無茶やってくれます!909を置いてきてたホランドは、マシューの606で空へ上がり、月光号から無人の状態で射出された909に乗り移るという芸を披露。人間、死ぬ気になりゃなんだって出来るというお手本でしょうか?それと同じくして。銀河号からオレンジ3発投下。地表にぶつかった時、アネモネ、エウレカ、サクヤはそれぞれに反応します。一番苦しんだのはエウレカ。あ~あ、クテ級、出てきちゃいましたよ。

抗体コーラリアンの襲撃に成す術を失くした壁死守組ですが、間一髪でレントン達が戻ってきます。さあ、あとはレントン達をゾーンの向こうに送り出すだけ。まあ、問題は山積みですが・・・。

40年ぶりの再会を果たしたノルブとサクヤ。気が利かない、というか鈍感なノルブにふざけて花びらを閉じちゃうところなんて、サクヤ超カワイイよ。そして、サクヤからの愛の告白=「マイブック」をノルブに見せること。40年分は真っ白だったが、その前とその後にはハートマークが並んでました。サクヤの気持ちをやっと理解したノルブは姿まで若返っちゃいました。時間は掛かりましたが、漸く一つになれた二人。そして起こった【ポロロッカ】。

ゲッコウステイトみんなの命懸けの送り出しに涙。そのみんなの気持ちを一番理解し、汲み取ったのはニルヴァーシュ。勝手に形を変え、目指すべきところへ進みます。あー、朝から泣かしてくれます。

そして、初ホランドVSアネモネ。やっぱ、アネモネ強えぇ・・・。ホランド、圧倒的大差で敗北。でも、無事だったからいいや。

漸く覚悟を決めたレントン。ゾーンの中に入ります。それを追うアネモネ。先を行くニルヴァーシュに追いつけないことをあそこまで悔しがる(? なんか言葉違う気がするけど、今は思いつかん)のは、デューイの望むことをきちんと遂行できないからなんでしょうね。そして、アネモネが見たのは、幸せそうなノルブとサクヤ、レントンとエウレカの2カップル。自分は一人ぼっち。二つの影は両親?アネモネの封印された記憶の一部?ってことは、アネモネ、素は人間だったってこと?涙を流すアネモネは結局ゾーン突破に失敗。デューイは手を打ってあると言いましたが、それもまた気になります。ぜーったい碌な事じゃないから!空には抗体コーラリアンの姿はなく、代わりに薄桃色の花びらが雪のように降っています。これはレントンとエウレカがゾーンに入ったことによる影響?

気を失ったレントンとエウレカが見た夢(? アクペリエンス3.5とか?)の中で、若いノルブとサクヤが手を取り合って遠く離れていくのを二人は見つめていました。

「何だか俺、いろんなものを置いてきちゃった気がする」

置いてきたってことは、いずれ取りに戻れるってことで、失くしたわけじゃない。勝手に希望を持てる台詞に解釈。

そして、ゾーンの向こうにあったのは・・・・・・

日本じゃん!!!てか、地球?

| | コメント (0) | トラックバック (18)

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »