« 交響詩篇エウレカセブン | トップページ | 吟遊黙示録 マイネリーベ-ヴィーダ- »

メルヘブン

第46話 新生ナイト、復讐のイアン!

ファントムの気まぐれによって与えられたつかの間の休息タイム。メルメンバーの仮装パーティーはほっといて、今回のメインはチェスの反省会と称した制裁という名の殺し合い。

ファントムに目を付けられたのは、無断で身内を何人も殺したドリルババァ・ラプンツェル。闘いの相手は、ルークのイアン。しかし、前のイアンとは違う威圧感。表情を隠すために着けたのか、無機質な仮面。そして、その身に纏うオーラには常に憤怒、憎しみが満ち満ちていた。

一番厳しい、帰ってくるのも不可能かと思われていた【修練の門】から生還したというイアンの魔力は圧倒的で、ラプンツェルの攻撃など全て容易くかわし、イアンの攻撃一発でラプンツェルを黒焦げにし、簡単に死に追いやった。

この結果、イアンはルークからナイトに昇格、そして、憎しみの訳、自分の大切なものを奪ったチェスの兵隊、ナイト以上の誰かをあぶり出し、そいつも殺すと言い放ったのだ。例え、その相手がファントムであろうとも・・・・。原作では、その者が誰なのかは既に判っており、決着も着いてますが、原作でこのエピソードを読んだ時には、それこそファントムだと私は思いましたね。ま、アニメではお楽しみに~ってところですか。

イアンの大切なもの、それは恋人のギド。ギドは、イアンが単独で勝手な行動をとり、ギンタと闘い、負けたことによる制裁として、本人の代わりに恋人であったギドの、その美しかった姿を、それは醜いものに変えられ、精神までも破壊されてしまいました。(本人を傷つけるより圧倒的にダメージデカイですから)ここは、原作読んでも大泣きしてしまった場面なんですが、やっぱアニメでもイアンも涙につられて、大泣きしてしまいました。愛するものを奪われる辛さ、しかも、その者は生きているものの、姿もココロも壊された状態で・・・・。イアンがまた基本的にイイヤツなもんだから、もう可哀想で・・・・。でも、いずれ、イアンのココロはちゃんと救われますから、その時が来るのを待ちましょう。

ラプンツェルの最期、そしてギドの姿、やはり上手い事ボカされてましたね。ラプンツェルなんて、一滴の血も流してませんし(イアンはいつから焔の錬金術師に!?)、ギドに至っては下半身真っ暗で何も見えませんでしたがなー!!原作のギドの姿には、かなり衝撃を受け、その姿にすら涙が出るくらいだったのに、あの表現で、イアンの怒りの深さ、憎しみの大きさが果たして視聴者に伝わるんでしょうか?私ですら、あの原作のギドの姿に、ギドを変えてしまった人物に対して怒りが沸いたのです!只の読者にそこまでの衝撃を与えるその姿だからこそ、愛した側のイアンの悲しみ、怒り、憎しみが痛いほど伝わってきたのです。だから、イアンの変化に違和感を覚えず、敵ながら彼を応援したくなってしまう。

忠実な表現に制限はあると思いますが、伝えるべきことまでボカしてしまったら、アニメ化した意味ないんじゃないですか?どこまで再現されてるか、今回はその部分も見ものだったんですが、やはり期待は裏切られましたね。ここは、イアンの苦しみをきちんと伝えるべきだったと思います。でないと、この後に起こる展開まで、印象の薄いものになってしまいそうで・・・。このイアンの変化だけはちゃんと伝えて欲しかったな。ほんとに残念です。期待している作品なだけに余計、なんですかね?

|

« 交響詩篇エウレカセブン | トップページ | 吟遊黙示録 マイネリーベ-ヴィーダ- »

コメント

どもどもです♪


やっぱり、今回の表現は特に不満ですね~(苦笑)。
いつまでもコレじゃ、原作ファンも怒るってモンです (;´Д`)=3

投稿: Tsukasa♪ | 2006/02/20 00:28

やはりそうきたかー、みたいな・・・。
まさかギドまでぼかすとはっ!!

本当に残念です。
対象年齢が小学生くらいで作ってあるんでしょうね、きっと。

投稿: みやびん | 2006/02/20 17:11

一応ストーリーは忠実に進んでるので安西さんはその点については不満はないでしょうが、もう7、8年前になりますが烈火の炎は原作以上にグロかったのでMARはやっぱり対象年齢低いなと思います。あの頃、まだ子供だったんで相当ショック大きかったですよ。だって肉剥がれて目玉とれて骨になるんですよ。

ラプンツェルのシーンには不満はありません。
というか期待以上でした。正直あんな変わり果てるとは思いませんでした。
ギドは原作読んでない人にとっては何かも分からなかったと思います。
何より不満なのは、イアンとギドの痛いシーンの後に平然と仮装パーティのシーンに戻ったことですね。
確か前もイアンがハロウィンにいじめられるシーンもこんな扱いだったような……

投稿: 緑好き | 2006/02/21 10:58

メルへブン(MAR)は原作は好きで、毎週本誌は見てます♪
・・・でもアニメのほうは、たまにしか見てませんが。

しかし流血&グロ規制ですか?
流血規制といえば、うえきを見てた時も、思いっきり流血規制されてショックでしたよ。
vsロベルトの時なんて、血が出てないもんだから『何だかなあ・・・』て感じでしたし。

まあ日曜の朝枠ですし、MARは子供用に作られてるんでしょうね。
原作は結構、痛いシーン多いですし・・・うーん。
なんか、何言ってるのか判らなくなってきた(苦笑)

投稿: 彩音 | 2006/02/21 16:35

>緑好き様、こんにちわ!

>ラプンツェルのシーンには不満はありません。
あの姿に、私は焔の大佐を探してしまいましたですよ。だって、大佐の錬金術初披露の時のヤラレ役、バルドさんの焼かれた姿と全く同じな構図だったので、思わずパクったのかと・・・。ホントに血、ダメなんですねぇ。

>ギドは原作読んでない人にとっては何かも分からなかったと思います。
そうですね、アレではね・・・。なんであそこまでイアンが怒り狂っているのか、きっとわかんないと思います。残念です。愛情あってこそのあの怒りが伝わらないのは悲しい。

>イアンとギドの痛いシーンの後に平然と仮装パーティのシーンに戻った
いやぁ、違うアニメかと思った・・・なんてことはないですが、メルサイド、こう、もうちょっとなんか繋ぎにムリが無いエピソードに出来なかったんでしょうかね?


彩音様、こんにちわ!いらっしゃいませ!

>流血&グロ規制
時間帯が問題なのか、対象年齢が問題なのか、やってる局が問題なのか・・・。教育上しょうがないと言っちゃえばそれまでなんですが、原作ファンの期待を裏切るほどの押さえ方も何とかならないもんでしょうか?
他局では日曜朝7時から腕もがれーの流血ありーので、土曜18時からはサクサク斬りまくりーの流血しまくりーの生々しい戦争描写ありーの、なんですけどね。その分、クレームも多いと思いますが、そんなのはハナから承知で作ってらっしゃいますからね。クレーム万歳ですよ、きっと。まあ、原作者のOKが出てる以上、何も言えないんですけどね。でも規制に縛られすぎると、伝えるべきことも伝わらなくなっちゃいますよね。

投稿: みやびん | 2006/02/22 15:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121387/8743725

この記事へのトラックバック一覧です: メルヘブン:

» 日曜日のアニメについて、簡単に(笑)。 No.21 [【T】 Tsukasa♪'s Blog!]
※本日放送分で、個別に記事を書いている分には、リンクを張ってます。 [続きを読む]

受信: 2006/02/19 23:02

» メルヘヴン #46 [日々の記録]
ファントムの突然の提案で、しばらくウォーゲームはお休みとなりました。ギンタたちは [続きを読む]

受信: 2006/02/20 17:00

» MAR 〜メルヘブン〜 第46話 「新生ナイト、復讐のイアン!」 [アニメって本当に面白いですね。]
MAR メルヘヴン   現時点での評価:3.0   [アドベンチャー]   テレビ東京 日曜 朝 10:00〜10:30   http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/MAR/  いの合間につかのまの休暇が訪れた。メルの仲間たちはエドの提案で、これまでの勝利を祝い、戦いの疲れを労うた...... [続きを読む]

受信: 2006/02/20 23:04

« 交響詩篇エウレカセブン | トップページ | 吟遊黙示録 マイネリーベ-ヴィーダ- »