« 交響詩篇エウレカセブン | トップページ | 吟遊黙示録 マイネリーベ-ヴィーダ- »

メルヘブン

第42話 快感!石使いのナイト、キャンディス!!

さて、第3試合でございます。

メル・ジャックVSチェスの駒・キャンディス(ナイト)。

ナイとクラスと初めて戦うジャックにとっては、かなりのプレッシャーでしょうね。でも、ドロシー姐さんが案外と余裕だったので、不安はなかったかな。

しかし、斧VSスコップではねぇ、いくらなんでも差がありすぎっすよ。流石ナイト、圧倒的な強さです。ジャックはタジタジ。バトル・スコップでの攻撃も、得意のアースビーンズも歯が立ちません。また、キャンディスの右目、眼帯の下にはマジックストーンが埋め込まれており、そのマジックストーンが発動すると空間転移が起こり、術者同士の立ち居地が入れ替わり、ジャックは自分が放った攻撃を自分で受けるハメに!!!むーん、侮れない!そして、キャンディスの強力な攻撃で、ジャックは岩のツメをまとめて浴びることに!!!が、ポズンがキャンディスの勝利宣言をしようとしたそのとき、岩の隙間からアースビーンズの芽がにょろにょろと・・・。そして、でっかい種みたいなものが現れ、中から

「おぎゃーーーっ!」

ジャックが生まれました。ギンタのクッション・ゼリーをヒントに考えた、その名も「ビーンズ・シールド」!!!

アルちゃん「ほー、馬鹿の割にはいいアイデアじゃないか。」

ジャック「ソコーーーッ!!!聞こえてるっスーーーッ!!!」

やはり漫才はあるんですね、こんな場面でも。

これで本気になったキャンディス、取り出したアームは“恵みの秤”。なんだこりゃ?と思ってたら、キャンディス、どMの本領発揮!!ジャックからの攻撃をまともに受け続け、傷付きながらもその目は快感に浸っている様・・・。しかも、ジャックからの攻撃だけでは満足できないのか、自分で繰り出した攻撃を、なんと自ら受けるという暴挙に!!!驚くメル一同。が、彼女が傷付き、快感値が上がるたびに“恵みの秤”の針も上がっていきます。やがて、針が一周した時、キャンディスの魔力は最高点に達し、そして現れたガーディアン・アーム“ゴーゴン”!!!その瞳を見た者は石になってしまうのだ!!そしてジャックの体はどんどん石化していく。“恵みの秤”はキャンディスのダメージを蓄積し、魔力を倍増させる媒体の役割を果たしていたのだ。また、ダークネス・アームで与えられた呪いではないため、ギンタのアリスでも解くのは難しい。石化を止めるにはアーム自体を壊すしかなさそうだ。苦しむジャックにギンタもギブアップをするよう叫ぶが、キャンディスはギブアップも許さない様。このまま、ジャックは石になってしまうのか?

が、ジャックはまだ動く左手でポケットを探り、カルデアでもらった新しいアーム二つのうちの一つを取り出す。見た目、ネイチャー・アームっぽかったけど、それはガーディアン・アームだった(名前、聞き取れなかったよ、ごめんなさい~。)。食虫植物のハエトリグサがにょろにょろ伸びるみたいなやつが意思を持つようにキャンディスに食いつき、“ゴーゴン”のアームを壊し、ジャックの石化を解いた。が、二人ほぼ同時に気絶した形になったため、今回はドロー。ま、ナイトクラス相手に負けなかったんだし、アルちゃんも今回の戦いは認めてくれたから、良しとしましょう!

来週はいよいよギンタVSアッシュ。コニタン、今回出番ナシだったから、来週に期待。あ、「BLOOD+」でもコニタン、出番無かったっけ?

|

« 交響詩篇エウレカセブン | トップページ | 吟遊黙示録 マイネリーベ-ヴィーダ- »

コメント

先週は顔出せなくてごめんなさい。

今回は随分と充実した戦いでしたが、敢えてお願いするならもう少し綺麗に描いて欲しかったかな。
さて内容の方ですが、キャンディスSMかよー
まあ、着ている服からして予想はできたかもしれませんけど...

ジャックの新アームは確かに聞き取り辛かったですね。
正解は”メヒィトス”です。
EDからして、キャンディスのアームみたいだったけど違いましたね。

さて本誌の方の感想になりますが、前に俺はアランはハロウィンに負けると予想しましたが違うようです。
俺の新たな予想だと、メルのメンバーは全員チェスに勝利すると思います。

そしてキングの正体の予想ですが、仮面をつけていた頃のファントム(漫画の方の)を見れば分かるのですが、全然髪型が違います。
深く考えなければそれまでですが、極端に仮面を外したファントムと髪型が違います。
もしかして知らぬ間にキングとファントムは、入れ替わったのでは……?
アニメでは改正されていますが、何故か1stEDのファントムだけ、やはり髪型が違います。
何故1stEDのファントムの髪型だけ、改正しなかったのでしょうか……?

ちなみに書いてる途中で思い出しましたが、2巻のアルヴィスの会話時に出て来るバッボを使うファントムがどう見てもダンナに見えます...

投稿: 緑好き | 2006/01/23 22:00

緑好き様、こんにちわー。
来ていただけて嬉しいですよー。
返事が遅くなってすみませんでした!

>キャンディスSM
今回はMの方が強めでしたか。
>”メヒィトス”
ジャック!聞き取りにくいよ!!ありがとうございます。これでスッキリしました!

本誌の方ですが
>メルのメンバーは全員チェスに勝利すると思います。
おおーっ!そうきましたか!確かにアランは負けの雰囲気はしないですね、これまでの展開だと。ハロウィンが負けて、自分が間違っていたことを認め、消えていくパターンでしょうか?そもそもあのトマト頭は何?呪い?自らすすんであの容貌になったんでしょうが、その意図は今週号ハッキリするんでしょうか・・・。

ファントムの髪型なんて意識したことなかった!!スゴイですね、目の付け所が・・・。ということは、やはりキングはダンナで、最終的には親子対決が待っているんでしょうか、やっぱ。そして、バッボの中にある消えた人格もやはりダンナ?キング=ダンナっていう設定が、登場人物たちも、そして読者も一番度肝抜かれる設定だと思います。これを狙わないワケがないでしょ、と勘繰っちゃったり。キングとファントムの関係も謎だし。キングとクイーンの関係も知りたいです!

投稿: みやびん | 2006/01/24 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121387/8284565

この記事へのトラックバック一覧です: メルヘブン:

» メルヘヴン #42 [日々の記録]
今回の戦いはジャック対キャンディス。相手が女の人ということで、一部にジャックので [続きを読む]

受信: 2006/01/23 21:00

« 交響詩篇エウレカセブン | トップページ | 吟遊黙示録 マイネリーベ-ヴィーダ- »