« BLOOD+ | トップページ | メルヘブン »

交響詩篇エウレカセブン

第40話 コズミック・トリガー

第1クールを思わせる整ったOPの出来に「やっぱこうじゃなくちゃ!」と思いますね。髪の伸びたエウレカ、カワイイですよ!ふふふふふw

先週のフットサルはどこ吹く風、いよいよヴォダラ宮に到着しようとしていた月光号の面々。

ray=outの原稿チェック中のお父さんと編集長と表紙の少年。サブタイとして「この星に住む者の存在意義・或いはその可能性 それが意味するもの。そして意味されるもの コーラリアンは電気羊の夢を見るか?」・・・電気羊ってなに?

ストナーの「戻ってきたら有名人」という言葉に、無事戻って来いよ、という懸念が隠されていたような気がしてなりません。

色を失った町でのティプトリーとの再会。誰もが素直にこの再会を喜んでいた。が、再会を拒む者が一人。会いづらいのは、自分が人間じゃないから?コーラリアンだから?コーラリアンが人間にしてきたことが後ろめたいから?

ヴォダラ宮にはコーラリアンの攻撃から逃れるため、避難民が次々と集結しており、他宗教徒からヴォダラク教徒は迫害にあっているらしい。また、聖人が誕生したということでヴォダラ宮はお祭りの真っ最中らしい。ノルブに言わせれば聖人なんて全くの偽者らしいが・・・。まあ、そのお祭りに便乗してニルヴァーシュと共にヴォダラ宮へ乗り込みやすくなってるので、そこんとこはありがたいかなと。

と、その前に汚いおっさんはその40年の垢(=最大の障害byホランド。・・・そこまで言うか・・・)を落とされてました。・・・・40年、風呂に入ってなかったのか。そりゃゲロンチョより臭いわな・・・。

タルホのベッドで雑談のママ二人。そんな事ができるくらいに打ち解け合ってたんだとちょっとびっくり。この世界に生が存在する不思議。リアルママのタルホが言う「世界全体が生き物」って言葉にはやはり説得力があります。しかしエウレカ、妊婦に枕投げつけてはいけません。最初はレントンを子ども扱いされたことに怒って枕をタルホに投げつけたエウレカではありましたが、やがてそれがただの遊びになる頃の二人に、確かな、親子愛、というよりより一層友情に近いものが生まれているようなカンジを受けました。ここでミーシャから驚くべき(?)新事実発覚!!!

「エウレカ、あなたも生物学上は子供を産めるのよ?」

=体内で生命を宿せるってことですかー?ってことは、下世話な話で申し訳ないですが、その、レントンと×××出来ると・・・。や、方法は別かもしれないよねー。まあ、出来るほうがレントンにはありがたいでしょ。でも、きっとエウレカにそういった知識は無いだろうからなー。あー、レントン、いろいろ大変だー。

そして、ティプトリーとエウレカの再会。一目エウレカを見て、彼女の変化、決意を汲み取ったティプトリーはやはり只者じゃねぇ!彼女の全てを肯定するたった一つの言葉に涙するエウレカ。緊張が解け、また、嬉しかったんでしょうね。

さあ、そしてレントンとエウレカがサクヤに会う為、ゲッコーステイトが動き出す。

一方、デューイとドミニク。彼らは彼らなりに世界の現状を把握している模様。デューイは「スカブコーラルがこの星に来なければ」「謝りもしない侵略者」と言ってましたが、スカブコーラルの方が先住民なのでは?後からやってきたのは人間の方なんじゃ?違いましたっけ?まあどっちにしろ、デューイは人間だけの星にしたがってるんですからね。アネモネを「アレ」=モノ扱いするデューイに反論するドミニク。それだけアネモネに対する二人の想いは違っているということだ。やはりデューイはアネモネを使い捨てにする気らしい。

さて、祭り(ラヴパレード)に紛れ、多少の(?)ハプニングがあったものの大きな壁(これがグレートウォール?)を抜け、何とかサクヤの寝所にまで辿り着いたレントン、エウレカ、ノルブとおまけ3匹。そして眼前には蓮の花?うーん、やはりどこまで行っても仏教がらみなんですねー。じゃあ何?サクヤは釈迦的存在ってことでしょうか?あの蓮の花自体がサクヤなのか、中に眠っているのがそうなのか、それは次週明らかになることでしょう。また次週は「アクペリエンス・3」ですからね、難しい世界が広がってそうですよ。

それにしても、あのゲッコーステイト各機体の暗号は不思議の国のアリス?

ニルヴァーシュ:アリス

ヒルダ機:赤の女王

マシュー機:王様

月光号:三月兎

トラブル:お茶会

一体誰が付けたんだか、メルヒェンだな・・・。

|

« BLOOD+ | トップページ | メルヘブン »

コメント

どもどもです♪

> 汚いおっさん
何と40年ぶりにムリヤリ入浴させられた、
お風呂嫌いのノルブさん(年齢不詳(笑))でしたケド・・・
どのぐらいスゴい量の垢が出ちゃったのか、
想像しただけで・・・ ガクガク(((((;゚Д゚)))))ブルブル
ホント、風呂に入れさせた人たちも・・・
洗ってる間は臭くて堪らなかったでしょうね~(苦笑)。

投稿: Tsukasa♪ | 2006/01/29 17:30

ばんざい
先週は、さらりと終わったけど
(あれじゃーしかたないけど)
また元どうりの、みやびんお姉様らしい解説、
まってましたよ
まさか午後一に更新してあるとは
また隙を疲れましたよー。
でも半日早く読めるなんてラッキー
ウルウル、とってもうれしーニャー。

さて、いよいよ核心に迫ってきましたね
どうなっていくのか、ワクワクしてます。
レントン、パパ有りですか?ミーシャさん
見たい、、、きっとかわいいと思うんだけど
14歳のパパは、ぶっぶぅーだよね
次回も楽しみにしてますね

エウレカセブンもだけど
みやびんお姉様のブログも、だーい好きです
無理せずこれからも頑張ってにゃん。


投稿: にゃーん | 2006/01/29 17:40

>Tsukasa♪様
こんにちわー。
>どのぐらいスゴい量の垢が出ちゃったのか、
なんか、風呂上りのノルブ師が一回りちっちゃく見えたのは気のせいでしょうか?5キロくらい体重減ってたりして・・・。コワッ!
ウチの会社にも、お風呂に入ってるんだか入ってないんだか分からない人がいて、そのヒトに半径3メートルくらい近づくと、すんごいクサイんですよー。そのヒトの傍に行く度に「ノルブ師ってもっとスゴイのかな・・・」と思ってしまったり・・・。
やっぱり身体は毎日洗ってください。

>にゃ~ん様
こんにちわー。
今回はですねぇ、ほぼ徹夜で起きてたので、オンタイムで放映を観てたんで、早く上げられました。いつも遅くてごめんなさい~!
いやー、作画が安定していてくれたおかげで、今回はすっごく楽しめました。
レントン、パパになる説はあっても面白いと思うけど、基本そういう部分はヘタレな子だと思うので、キスまでできれば上等かな?みたいな。んで、タルホやギジェットに「こんのヘタレワンコめがぁっ!!!」って言われてほしい。ええ、是非。
あと、エウレカの感想も十数回で終わりですよね。3ヶ月ちょっとってところでしょうか?早いなー。最終クールが始まると、展開早くて、あっという間に終わってしまいそうですもんね。あとちょっと、頑張るので、懲りずに遊びに来て下さいね。

投稿: みやびん | 2006/01/30 09:58

こんばんは~♪

電気羊ってそんなタイトルのSF小説があったような気が・・

>あのゲッコーステイト各機体の暗号は不思議の国のアリス?
これティプトリーさんと初めて会った時にも使ってましたよね。
ホランドって意外とこういうの好きなのかな・・?

投稿: ハトはは | 2006/01/30 17:20

ハトはは様、こんにちわ。
お返し遅くなってすみません。

>電気羊
なんか、名前だけだととってもあったかそうなイメージがあって・・・。
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(フィリップ・K・ディック著)というSF小説があるようですね。

>ホランド、メルヒェン好き説、うぅ~、あまり見たくないかも・・・。「不思議の国のアリス」も何らかの形で「エウレカ」世界に関わっているのかもしれませんね。

投稿: みやびん | 2006/02/01 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121387/8396105

この記事へのトラックバック一覧です: 交響詩篇エウレカセブン:

» 交響詩篇 第40波◇レントン「サクヤさんて・・・。」 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
遂にサクヤに会いに行くレントンとエウレカ。 ボダラ宮に入る月光ステイト。 そこに [続きを読む]

受信: 2006/01/29 22:15

» 日曜日のアニメについて、簡単に(笑)。 No.18 [【T】 Tsukasa♪'s Blog!]
※本日放送分で、個別に記事を書いている分には、リンクを張ってます。 [続きを読む]

受信: 2006/01/29 23:57

» 交響詩篇エウレカセブン第四十話 コズミック・トリガー [ToyandDiary]
まずは新OPの補足から。 OPで戦闘しているLFO  先週の感想で、OPでニルヴァーシュが戦闘している云々ということをりらちと書いたのですが、どうも違ったっぽいです。あれ [続きを読む]

受信: 2006/01/30 01:17

» 交響詩篇エウレカセブン 第40話 [オヤジもハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「コズミック・トリガー」   レントントエウレカは、ヴォダラ宮の中へと潜入する。   交響詩篇エウレカセブン (3)  以下詳細  *********** [続きを読む]

受信: 2006/01/30 08:29

» 交響詩篇エウレカセブン 第40話 「コズミック・トリガー」 [Kimiteru's Blog]
交響詩篇エウレカセブン第40話 いよいよ最終章突入ですよ! 新OPをテレビで観れたよ。 やっぱ良いね。 そして絵が綺麗になったよ。 最終クールに温存してたんだろうな。 と、信じたい。 絵が綺麗になるのが一番の喜びです。 これから最終回に向けて更に頑張って頂きたい。 ついでにノルブも綺麗になった。 って40年風呂なしだったのかよ。 そいつは相当な被害状況だったろうに。 ヴォダラ宮を離れて40年というと・・・ 更に年齢不詳。 タルホVSエウレカの女喧嘩にテ... [続きを読む]

受信: 2006/01/30 16:14

» Amazing Grace みたい [マイ・シークレット・ガーデン]
{/hiyo_uru/}新OPのさわりはアメージングレイスみたいでした。 絵はきれいだけど、またしても唄が好みじゃなかったわ。 新EDは今までのと打って変わってシビア〜な雰囲気でした。 もろ、戦争だね。 『交響詩篇 エウレカセブン』 第40話 コズミック・トリガー レントン、エウレカ、ノルブでヴォダラ宮へ行ったら、 もれなくチビコ達がくっついて来ました〜というお話。 サクヤは�... [続きを読む]

受信: 2006/01/30 17:24

» 交響詩篇エウレカセブン「コズミック・トリガー」 [藍麦のああなんだかなぁ]
交響詩篇エウレカセブン「コズミック・トリガー」です。 風邪のため出遅れました。 第4クールということで、予定通りオープニング、エンディングが変わりましたね。オープニングについては、前回書いちゃったので、今週は言及しません。オーソドックスな、エバンゲリ...... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 00:19

» 交響詩篇エウレカセブン 40 [月の静寂、星の歌]
副題「コズミック・トリガー」  オフィシャルHP、トップページが新設されています。  このトップページは、メディアミックス対応版、といった感じですね。  あの見慣れたHPへは、右の方にある 『AN』 クリックで跳べるようになっています。  オフィシャルは....... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 00:47

» サクヤこの花!?(エウレカセブン第40話) [blog不眠飛行]
適当に書いたり書かなかったりの『エウレカセブン』感想でござい。というのも、朝早いのと、日曜は買い物に行きたかったり競馬に行きたかったり、やりたいことが目の前にありすぎるた [続きを読む]

受信: 2006/01/31 03:46

» 『交響詩篇エウレカセブン』#40  [おくいのなんでもdiario]
「コズミック・トリガー」 新OP、いきなりアメイジング・グレイスが流れてきたので [続きを読む]

受信: 2006/01/31 16:23

» 『交響詩篇エウレカセブン』#40  [おくいのなんでもdiario]
「コズミック・トリガー」 新OP、いきなりアメイジング・グレイスが流れてきたので [続きを読む]

受信: 2006/01/31 16:24

» 交響詩篇 エウレカセブン 第40話 [LUNE BLOG]
来てしまった最終クール。 もうここからは毎回毎回をより大事に噛み締めて見ていきます。 [続きを読む]

受信: 2006/02/01 14:27

» 交響詩篇エウレカセブン (Episode.40 コズミック・トリガー) [ハリネズミのちょびっとMemo]
ついについに第4クール突入。 残すところ今回を含めてわずかに11話。 いよいよ大詰め! そしてそして、まずは待ってましたな新OP&ED!! 「Episode.39 ジョイン・ザ・フューチャー」の記事で既に書きましたけど、やっぱり触れないわけにはいきません~。(^^)... [続きを読む]

受信: 2006/02/06 21:36

» 交響詩篇エウレカセブン #40コズミック・トリガー [才谷屋DIARY]
コミックス3巻を立ち読みしたけど結構面白かった。TVよりも説明が多くて分かりやす [続きを読む]

受信: 2006/02/06 22:47

» 交響詩篇エウレカセブン 第40話 [Cosi Cosi]
交響詩篇エウレカセブン 8交響詩篇エウレカセブン 8 UMDスペシャルパック (DVD + UMD Video) 交響詩篇エウレカセブン ニルヴァーシュ spec2 プラモデル(予約)1月入荷予定 【コズミック・トリガー】 OP曲、ED曲が変りました。いよいよ最後の第4クール! OP曲は『...... [続きを読む]

受信: 2006/02/10 13:13

« BLOOD+ | トップページ | メルヘブン »