トップページ | 2005年7月10日 - 2005年7月16日 »

S.S.D.S.愛の時・迷宮3

「愛の解体新書」シリーズは全部揃えてあるんですが、女医さんシリーズに手を出したのは今回が初めてです。

何せ、松本サンがこのシリーズに初参加なので。

途中からでも案外話の内容は解るもんなんですねぇ。違和感なく聴けましたよ。

女医さんシリーズはタイム・トラベルが主体となっているんですね。

個性豊かなキャラクターは勿論、速水奨氏の世界観はどこまでも広がり続け、聴いてるこっちも付いていくのが大変です。

今回の舞台はおよそ800年前の日本、源氏と平氏の戦いまっ最中です。ふとしたきっかけで現在(?)にやってきた源頼朝を軸として、話は進んで行きます。恋愛あり、ギャグあり、BLあり(?)、真面目な歴史の授業ありで、とても楽しめます。

なんといってもオススメなのが、今回のゲスト!源頼朝役の藤原啓二氏和田義盛・九条兼実・後白河法王役の大川透氏です!どっかで見たでしょ、このコンビ!そう!!「鋼の錬金術師」のヒューズロイの親友コンビですよ~!(そして、あまり絡みませんがハボックもいます。)このキャスティング、「鋼」を意識したとしか思えません!しかもフランク・アーチャーが!これだけでも十分萌えですよ~。そして、このコンビの今回のキーワード、「ガシガシ、ダキダキ」!後は聴いてのお・た・の・し・み★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバサ・クロニクル

第14話 真実のレキシ

次回がジェイド国編クライマックスか?

小狼らに不法侵入されたのに、そのことに関してちっとも不審に思っていないグロサムさんが好きです。

原作をオンタイムで読んでいるので内容は知ってるんですが、何が楽しみって、キャスティングですよ、やっぱり!登場キャラが多いだけに、今後が楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダムSEED DESTINY

第38話 新しき旗

OPとED、変わりましたね。う~ん、CHEMISTRYはちょっと意外だったか・・・。

SEEDシリーズはOP、ED映像に今後の展開のヒントが多々隠されているので、またこれから楽しみになってきました。特に、マリューさんネオですかね。ネオ、制服着用してるし。

ザフトVS連合(というかロゴス?)、とうとう始まってしまいましたが、先に手を出しておきながら不甲斐ない結果の連合。どうすることも出来ず、只見ていることしか出来ないアークエンジェル一員。とりあえず助かってよかったね、アスランメイリン

シンには結構違和感があるんですよね、私。

闘うことにためらいが無いとはいわないけど、キラが出来る限り人命を守るためモビルスーツの戦力のみを奪う戦法を取るのに対し、シンは確実にヒトを狙っていく。今回のオクレ兄さんがいい例ですね。(オクレ兄さん、生きてたんですね!てっきりお亡くなりになったとばかり思ってましたが)彼は今後、変わっていくんでしょうか?いざ戦争が終わって、ふと自分の手を見つめた時に自分の足で立っていることが出来るのか、背負うには重すぎる運命、彼を見ていると、心が重くなって仕方ありません。すごい負のオーラを感じるんです。

しかし、ルナマリアとのキスシーンにはびっくりですね。付き合うとまではいかなそうですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチミツとクローバー

chapter12 バッカヤロウ。何考えてんだよ!

春に始まったアニメで多分一番好きかも。

いやあ、今回はトキメキました~v

あの!森田さんが!!!はぐちゃんに!!!

キレイなシーンになっててよかったですぅ。

竹本クンに「春」が訪れる日は来るのでしょうか?切なすぎです。

竹本クンにははぐちゃんのような、只ひたすら純真無垢で男として守ってやらなくちゃならないと思わせるような女の子より、元気で自立した年上の女性の方が合ってるような気がするんですが。余計なお世話ですね。だって、竹本クン見てると、母性本能というか、コッチが支えてあげなくちゃって気分になるんですもの。

ハチクロ」の男性キャラでは、森田さん花本先生が好きです。

不思議少年とちょっと頼りない大人の男。キャスティングも大好きなうえだゆうじさん藤原啓二さんでもうスンバラシイイイイ!!!まあ、お二人についてはいずれ語るとして。(って語るのか?!)

この作品を見てると、こう、キュゥゥゥとなって、誰かに恋したくなります。

ああ、昔にカエリタイ・・・。

あのメンバーの中に、想いが報われる人はいるのでしょうか?あ、ちなみに原作は読んでません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のオススメ

最近購入して、ばばばーっと勢いづいて読んだのが、「小説 鋼の錬金術師5 それぞれの絆」と「スレイヤーズVSオーフェン」の2冊。

どちらも松本保典サン関連、と言えばそうなんですが・・・。(まあ、キャラ的に、ということで)

「鋼」はずっと買ってるんで、流れで購入してしまいましたが、面白かったです。活字嫌いの私でも一気に読めちゃいました。これもひとえにハボックが登場していたおかげでしょう!前から思ってたんですが、井上先生って結構ハボックのこと、お気に入りなのでは?まあ、動かしやすいキャラってこともあるんでしょうが。ところどころできちんとオイシイとこ、持っていきますよね。ただ、個人的にもうちょっとブレダとの絡みが欲しかったです。最後は少しウルウルしちゃいました。

「スレイヤーズVSオーフェン」は今度ドラマCDが出るんで、その絡みで購入。ちょっと高いですが、まあいろいろとオマケが付いてるんで許せるかなと。スレイヤーズの方はアニメも見てたんで、凡そのキャラが掴めてる分、解り易かったんですが、オーフェンに関しては基礎知識がなく、イマイチ世界観が掴めず。内容的には楽しめました。コレがドラマCDとしてどう表現されるのか、興味シンシンですね。抽象的な背景描写とか、難しそう・・・。CDは既に予約済みです!松本サンはもちろんのこと、森久保クンやうえだゆうじサンの演技も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めでたく立ち上げ!

ようやくブログ立ち上げにこぎ付けました。

ちまちまとマイペースでやっていこうと思います。

「続ける」ことを目標に、焦らずゆっくりいけたらいいなと。

とりあえず、よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年7月10日 - 2005年7月16日 »