« クラスターエッジ&ノエイン | トップページ | 涼風 »

アイシールド21

第34話 ゴーストの胎動

バカ兄様は、実は才能あるのに、ルールもポジションも知らない人だったらしい・・・。ある意味、大物だ・・・。

最終テストは対抗試合。Aチームは守備サイド、Bチームは攻撃サイドで、両チーム得点を競いながら、自分をアピールして合格を狙う。

バカ兄様は身体の柔らかさと天性のセンスで自己アピール。が、目立ちすぎ、逆に狙われる事に。敵の謂れのない攻撃でボロボロに。そこで瀬那はバカ兄様を救う為、武器の足を使い、タッチダウンを決める。その事で、狙いは瀬那に移行するが、デス・マーチの石ころ蹴り走での成果がここで発揮され、瀬那自身、その感覚の違いに驚く。そして瀬那は無意識にもかなりアピールしちゃってましたね!ま、瀬那としてはプロテストに合格するつもりなんて端からない訳だけど。

瀬那達のBチーム勝利で対抗試合は終了。そして合格発表。バカ兄様は残念ながら不合格になってしまったけど、プロの監督直々にその素質を認め、経験を積めばプロになれると言われ、途端有頂天に!何しろ、経験ゼロなんだから、それを踏まえてここまで言ってもらえる事が正直有り得ないよね。それなら経験を積むためにと、瀬那はバカ兄様をデビルバッツに誘う。おーっと、これでタイトエンド、ゲーーーット!!!その前に、高校受験しなくちゃですね。前の受験は失敗してるみたいだから、ちゃんと勉強しないと。

そして、瀬那は、ナント!!!合格してたよーーーー!ってことは、プロで通用するってこと?・・・大した進歩だ。

そして次に目指すは「デビルバットゴースト」。悪魔の走りだ!っていうか、瀬那、石ころ、どっか行っちゃったままだよ?どうするの?

|

« クラスターエッジ&ノエイン | トップページ | 涼風 »

アイシールド21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121387/7292112

この記事へのトラックバック一覧です: アイシールド21:

» アイシールド21 #34 [日々の記録]
ようやく水曜日のアニメまで追いついてきました。(^^; 前回がいいところで終わっ [続きを読む]

受信: 2005/11/26 11:28

« クラスターエッジ&ノエイン | トップページ | 涼風 »