« 創聖のアクエリオン | トップページ | 涼風 »

アイシールド21

第24話 電撃!日米決戦

いよいよ始まってしまったエイリアンズVSデビルバッツ。アメリカ人と日本人ってだけで、体格差やパワーの差を感じるのに、デビルバッツの皆さんは、非常に前向きで、恐れるということを知らない人たちなのでした。そして、何故、一介の雑誌記者が解説席で解説してるんでしょうか?いくら主催者だからって、そんなのアリなんすか?更に、アイシールドくんはいつから「デビル・ヒーロー」になったのですか?

面白かったのが、賢雄サンVSロンブー淳。ベテラン相手に引けを取らぬ演技!多分、色々アドバイスとかしてもらったんだろうな。

初回の攻撃で、その圧倒的な差を見せ付けられはしたが、デビルバッツのメンバーは誰一人として諦めないのが素晴らしいと思いました。対峙しただけでビビリそうになってもおかしくない相手なのに、一回や二回潰されようがへこたれない、強い心をみんなが持てるようになっていたとは・・・。いつの間に彼らって、こんなに強くなったんでしょう?

個人的に印象深かったのは、十文字クンの友達思いなところかな?十文字クンって実はイイトコのボンボンなのか、イイお家に住んでますよね。んで、解説席に座ってる雑誌記者に、十文字クン自身はほめられてても、黒木クン、戸叶クンのことは戦力外みたいなことを書かれて、それを読んだ兄貴(?)にその二人を馬鹿にされて怒ってた彼に好印象。そして、二人が馬鹿にされないために頑張る姿がとてもよかった!でも、当の二人は、十文字クンが自分たちの為に一生懸命になってるなんて知らなくて・・・。敢えて言わないところがオトコノコだよねぇ!

瀬那の作戦勝ちでタッチダウンをエイリアンズから奪ったデビルバッツは調子を上げていく。みんなの勝ちたいという気持ちさえあれば、実質的なパワーさえも乗り越えられるこのチームはホント強い。それぞれに戦う理由は様々で、プライドの為、何かを証明する為、何かを守る為、何かを手に入れる為、勝つという目的はみんな一緒だからね。

来週はいよいよ瀬那VSパンサーくん?ベンチから出ることが出来るのか?そして、今回のお笑いポイント。「アイシールド先輩」by十文字クン。

|

« 創聖のアクエリオン | トップページ | 涼風 »

アイシールド21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121387/5959513

この記事へのトラックバック一覧です: アイシールド21:

» 奏会長はあしながおじさん? [マイ・シークレット・ガーデン]
{/hiyo_uru/}りのはミスター・ポピットに手紙を送り続けていたんだ。 『極上生徒会』 宮神学園はもうすぐ体育祭。 楽しく順調に着々と準備は進んでいるのでした。 (ドジッ子りのは何もしないのがお手伝い?) 明日は体育祭という夜の、急な雨と落雷。 (あの時怖がっていたのは奈々穂?!) 奏会長には宮神寺家当主の祖父の声が聞こえ、 来るべき時が来たことを悟ったのでした・・ シリアスの回ナリ。 奏会長、せめて体育祭の閉会式�... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 08:59

« 創聖のアクエリオン | トップページ | 涼風 »