« 創聖のアクエリオン | トップページ | “萌えバトン”が回ってきましたよ! »

アイシールド21

第26話 野生のリアル

このタイトルは、パンサー君のことかと思ってたら、違いました。瀬那のことでした。

ここのところ、この作品、すごく面白いんですけど!すっかりハマってきてる気が・・・。スポーツアニメって、昔は好きじゃなかったんだけどな。

さて、26対21でデビルバッツのリードで迎えたこの回。エイリアンズは漸くのパンサー君起用で、隠れて練習していたムーンサルト・フォーメーションの初披露!蛭魔クン曰く、「檻の中のパンサーを野生に放つ気か。」パンサー君、強い!誰もパンサー君を止められない!思わず「は?」「はあ?」「はあああっ?」となるのも解る!シンくんも注目している様子。瀬那も追いつけないぞ!パンサー君は試合に出られたことが只々嬉しくて、試合に勝つためというより、楽しんで走ってるみたい。

瀬那とパンサー君の走りはまるで違っている。瞬間的にしかマックススピードが出せない瀬那と、長時間トップスピードを維持できるパンサー君。(シンくん:談)

パンサー君の一人タッチダウンで、エイリアンズ逆転!なんか、デビルバッツ、負けそうなんですけど・・・。

監督のアポロにはトラウマがあった。身体能力、持って生まれた能力の差に。特に、生まれついてのスプリンターには過敏に反応する。プロでの道を諦めるきっかけになったモーガンと同じ生まれついてのスプリンターであるパンサー君に、自分でも気付かないうちに憎しみをぶつけ、一度指示に従わなかったと口実をつけて、彼を試合に出さなかったのだ。コレを認めたアポロ。彼も転機を迎えたのだ。

パンサー君に追いつけない。パンサー君の守りを交わすことも出来ない。シャトルパスとパンサー君の走りという二つの武器を手にしたエイリアンズはどんどん点差を広げていく。

久しぶりに落ち込む瀬那を見た気がします。シンくん以外に恐れを感じたのなんて、久しぶりなんじゃないんでしょうか?気が付くと、残り2分で7点差。こりゃ危ないぞ!

そして、パンサー君が何故アメフトをやりたいと思ったのかが判明。プロ時代の、他人の3倍練習していた頃のアポロ監督がきっかけだったのだ。どんなにヒドイ仕打ちを受けても、パンサー君がチームを辞めなかったのは、そこに、尊敬する、憧れの先輩がいたからだったのだ。アポロ感動!!!もういじめたりしないよ、キュンw

瀬那VSパンサー君。中々勝てなくて、瀬那に諦め色が見え始めたかと思ったら、パンサー君は「まだ全力を出してないだろう?」と言ってきた。全力で応えなくちゃ、戦ってる意味なんてない!「僕は僕の走りで勝ちたい!!」瀬那、着火完了!

残り一分、33対26でエイリアンズのリード。ボールを抱え、走るパンサー君。デビルバッツのみんなはもうへとへとだったけど、瀬那は諦めていなかった!必死でパンサー君を追い、そんな中で、唯一の隙を見つけた。追い詰められた草食獣(瀬那)は時に信じられない力を発揮する。それが野生のリアル。瀬那のパシリで鍛えられた走りを野生と表現するのに、ちょっと笑ってしまってゴメンナサイ。そして、瀬那も不可能を可能にするオトコだった!!パンサー君の隙を見逃さず、高速の世界でボールを奪取!そのまま逃げ切り、タッチダウン成功!!見事、パンサー君を振り切り、そして、彼は真っ白になりました・・・。

気付くとソコは男泣きの世界。試合結果はエイリアンズ33対デビルバッツ32!なんと、1点差で負けてしまいました。あれ?新キャラ?「泥門にはキッカーがいないんでしょうか?」というTV中継を見つめるオヤヂ(?)がひとり。この見せ方だと、このヒトが泥門のキッカーになる可能性大!ってことは高校生なの?

もともと素人の多いデビルバッツがアメリカのチーム相手にここまで詰め寄れた事に私は拍手ですね。結果的には負けたけど、コレは自慢できる負けですよ。それにここから学べる事も絶対にあるはずだから!

さて、罰ゲーム。エイリアンズは10点差以上で勝てなければ本国へは帰れないという条件だったので、蛭魔はエイリアンズのメンバーのパスポートをシュレッダーにかけ、負けたら即刻日本退去という条件だったデビルバッツは、エイリアンズの皆さんのいらなくなった帰国便でアメリカ特訓へ?え、ホントに行くの、アメリカ?

次回予告に、口紅塗ったイザークが!!!

|

« 創聖のアクエリオン | トップページ | “萌えバトン”が回ってきましたよ! »

アイシールド21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121387/6159136

この記事へのトラックバック一覧です: アイシールド21:

« 創聖のアクエリオン | トップページ | “萌えバトン”が回ってきましたよ! »