« うえきの法則 | トップページ | エレメンタル・ジェレイド »

妄想劇場 『禁断の恋でいこう』

え~、お待たせいたしました!(待っててくれるヒトはいるのか?)

妄想劇場第2弾でございます。

今回取り上げるのは、大海とむ先生の略して『禁恋』シリーズです。

既に連載は終わっておりまして、コミックタイトルでいくと、『禁断の恋をしよう』『続・禁断の恋をしよう』『禁断の恋でいこう』1~10巻の計12冊に及ぶ作品です。

あらすじは、普通に人間である主人公・入江緋佐子と、彼女の恋人で正真正銘の狼・夜斗の禁断の恋の物語です。夜斗は永遠の命を持つ狼で、作品開始当初で約300歳。月の力で人の姿になることができます。

なにしろえっちぃ描写が多々ある作品なので、個人的にはアニメ化やドラマCD化は難しいかなと・・・。あ、でも今やあの『春抱き』(言わずと知れた超メジャーなBL作品です。私も好きです。)もOVA化される時代ですもんねぇ。何が起こるか分かりませんもんねぇ。

今現在とむ先生は、小学館プチ・コミック誌上で『薔薇色myハニー』という作品を連載中です。興味のある方は是非そちらもチェックしてみてください。

では早速いきたいと思います!今回は主要キャストのみで、ワンエピソードキャラは省いてます。(敬称略)

主人公 魅惑のナイスバディ(ヒトに言わせるとえっちな身体)からは想像できないおっとり天然おまぬけさんではあるが、根っこはしっかり持っていて、いざとなると(特に夜斗絡み)すごく強くなる 入江緋佐子井上喜久子(おっとりさんを演じさせたらこの方しかいないでしょう!イメージとしては、ベルダンディーじゃなくって、OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』のアイナさん。おとなしくても、芯の強さが感じられるキャラはぴったりだと。)

緋佐子の恋人 正真正銘の狼で推定年齢300歳 ドイツの森の中で生まれ、最初の100年くらいは普通の狼として生活していた 月の力で(月が出ている時のみ)人の姿になれる 昼間は犬の振りをして生活している 夜斗鳥海浩輔(あんまり若作りせずに、出来ればちょっと低音で、ひたすらエロく!!!エロじゃなければ夜斗じゃないので。)

緋佐子の勤めるアンティークショップKaburagiの店主(と書いてオーナーと読む)で、緋佐子と夜斗の数少ない理解者(夜斗の正体を知っている) 鏑木彦二郎三木眞一郎(ロン毛を後ろでひとまとめにした眼鏡紳士は私の中ではみきしんと決まっているのです。底の計り知れない不思議な雰囲気を希望。)

鈴井動物病院の獣医師 彼女の祖父の代から夜斗の面倒を看ている長い付き合い 鈴井奈央津田匠子(『鋼』のイズミ師匠をやってらした方です。さばさばした姉御肌系ということで。)

酒屋の息子で奈央にベタ惚れ 奈央はほっとくと酒しか飲まずロクに食事もしないので自ら進んで奈央のメシ係と化す 康太(苗字ナシ):神谷浩史(『ハチクロ』の竹本クンをもう少ししっかりさんにして、尚且つやんちゃ度アップなカンジ)

緋佐子の兄でかなりのシスコン 緋佐子命! 当初は夜斗との交際に反対だったが、緋佐子の想いの強さと夜斗の緋佐子への深い愛情を知り、折れる 夜斗の正体は知らない 入江尚志(たかし):うえだゆうじ(もう、思いっきりぶっ飛んじゃってください!とてもかっこ可愛く演じてくださると思います!)

登場した当初は高校生だったが、現在は無事大学生となる 最初は夜斗の息子だと言って緋佐子たちの前に現れたが、実は夜斗の昔の恋人だった女性の孫 おばあちゃん子で、祖母を苦しめた(と思っていた)夜斗を憎んでいた 今は誤解は解けたが、緋佐子命なので、やっぱり夜斗はキライ 木戸崎南斗福山潤(端整な顔立ちで賢く、憎たらしいのに可愛い、ということで潤クンに。可愛いだけじゃないところがミソ。)

表の顔は経営コンサルタントだが、裏ではかなりヤバイ仕事もしてるらしい 亡き姉が集めていた夜斗に関連する美術品のコレクターで夜斗も手に入れようと緋佐子に近づく 実の姉を愛し、自殺に追い遣った(後に分かることだが姉も実の弟を愛しており、その想いを断ち切るため別の男性と結婚しようとするが、その前夜、弟に抱かれ、それを嬉しく感じる自分を恥じ、結局自殺というカタチで誰のモノにもならず、自分の愛を貫いた)という傷を持ち、緋佐子にその面影を重ね、やがて緋佐子までをも手に入れようと企む 相馬遥松本保典(実はこの相馬という人、一生懸命悪役を演じてますが、100%なりきれない、優しさ、甘さを捨てきれない人なのです。緋佐子が彼を憎みきれないのも相馬の不器用な優しさに気付いているから。そんな人物を演じられるのはやすのりサンしかいません!!!腰に響くトーンで、甘く不器用さを演じて欲しい!)

南斗の大学の同期生 南斗が大好き 全く脈ナシでもマイペースにアタックしつづける オカルト研所属 大角琴子折笠富美子(この方、若いのに演技の幅が広くて好きなんです!周りに振り回されることのない、あくまでマイペースな演技を希望。)

緋佐子、尚志の母 夫は緋佐子が小さい時に病死 その後女手一つで二人の子供を育てる(といっても、実際育てたのは尚志で、彼女は地方へ働きに出ていて家にいないことの方が多かったようである) 見た目は20代後半から30代の夜斗曰く化け物ママ 入江染乃子冬馬由美(この方も演技の幅の広さで決定。とにかく可愛らしく演じて欲しい。)

緋佐子の高校時代の友人で緋佐子にバイトの紹介をする しっかりもの レセプタントの仕事をしている 関ちゃん田中敦子(『名探偵コナン』の佐藤刑事です。しっかりものさんで、はきはきしたイメージから。)

緋佐子の高校の時の教育実習生 現在教師 緋佐子の憧れの人だった 柏木(夫)檜山修之(ヒーローもののイメージが強い方ですが、美青年系もまかさてくれ!の色っぽさなので。今回、特に色気は必要ないんですが、男っぷりを強調させてみたくて。)

茶房der Meisterのオーナー 緋佐子が偶々見つけたお店で、狼の姿の夜斗でも入店OKな店なので常連になる 緋佐子と似ていて、結構危なっかしい奥様 柏木(妻)鷹森淑乃(イメージは『鋼』のトリシャ。エルリックママです。やわ~い、ほんわかしたカンジで、でも喜久子ねえさまとはカブらないという、よく分からないこだわり。柏木夫妻、下の名前を探したんですが、分かりませんでした。)

夜斗の最後の仔 夜斗と同じように月の力で人になる能力を授かる 店主の用事で緋佐子たちも一緒にドイツへ行った時に出会う アルマという人間の女性を影で支えている 名前は彼女が付けたもの アレクシス櫻井孝宏(絵が目に飛び込んできた瞬間に声が入ったパターン。それだけで決定!)

ご意見、お待ちしてます!次回は週刊少年マガジン連載中の山本航暉先生の『ゴッドハンド輝』を取り上げたいと思います。お楽しみに!!

|

« うえきの法則 | トップページ | エレメンタル・ジェレイド »

声優」カテゴリの記事

コメント

私も「禁恋」全巻持ってます。
いやぁ、うれしい!
是非、アニメ化ORドラマCD化して欲しい作品ですね。

緋沙子が井上喜久子さんは激しく同意です。
おっとりさんはこの人しかいませんね。
夜斗はじめ他のキャストも
さすがみやびんさん!という感じのキャストですね。
ただ、奈央は榊原良子さんもよいかなー
なんて、いかがでしょう?

投稿: ききょう | 2005/07/21 02:23

ききょう様、いらっしゃいませ!
早速の反応、ありがとうございます!
そうですか!全巻お持ちでいらっしゃる!素敵すぎです!
榊原良子さんって、『銀河英雄伝説』のフレデリカさんですね!あー、わかる気がします。女っぷりが上がりますよね。
夜斗は最初は小西克幸氏で考えてたんですけど、途中で気持ちが変わりました。一番最初に決まったのは店主です。

次は一応『ゴッ輝』と予告してますが、その次は北川みゆき先生の『罪に濡れたふたり』を取り上げようと思ってます。こちらはお持ちですか?

投稿: みやびん | 2005/07/21 09:54

「ゴッ輝」は読んでませんが
「罪に濡れたふたり」はちょこちょこ
読んでいたので、わかりますよ。
全巻持ってませんけど・・・

店主が最初に決まったのは
わかる気がします。三木さんは
ああいうキャラ多いですし、
とっても似合ってますね。
夜斗が小西さんでもハマッテそう。
次回も楽しみにしてます。

投稿: ききょう | 2005/07/22 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121387/5051270

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場 『禁断の恋でいこう』:

« うえきの法則 | トップページ | エレメンタル・ジェレイド »